11月20日レポート結果



「草木染工房 野乃色」は、草木染め体験もできる、ギャラリー併設の工房です。
白鳥神社から川崎方面にまっすぐいくと、「草木工房 野乃色」と水色でかかれた味のある看板。
「村田」の大きなのれんをくぐりお邪魔すると、工房の主人であり、染色家である柴田真理子さんが出迎えて下さいました。
柴田真理子さんの作品は、化学染料を使わない、自然の色にこだわった作品であり、その植物のもつ暖かな色を引き出した作品です。
ギャラリーには多数の作品が飾られており、村田を象徴する紅花染め、町の特産であるそらまめ染めや、藍の生葉染めなど、様々な色合いの小物から服まで、見応えのある作品ばかりで、ほっとする、ずっと見ていたくなる作品でした。


染色家プロフィール

柴田真理子氏
   柴田真理子氏
   岩手県盛岡市に生まれ、1991年より山形在住の草木染作家 大場キミ先生に師事。
   1996年より、仙台、山形、盛岡、村田において作品展開催。
   2001年からは村田陶器市に参加し、2002年1月には、村田町菅生に工房を開設。






染色作品

針さし
   かわいらしい器の中、蘇芳や藍などで染められた針さしの脇には
   ちりめんで作られた小花も添えられ、実用品を兼ねた、飾りたくなる一品です。
   お値段は1,000円です。






すとらっぷ

   鮮やかな赤い古布で作られた花の「すとらっぷ」です。
   葉の部分はそらまめ染め。お値段は500円です。









幸せ(四合わせ)人形
   小さな着物姿の子どもたちが、四人手を合わせて「幸せ(四合わせ)人形」
   着物の綺麗な色味も素晴らしく、その表情の愛らしさも見所です。
   お値段は1,500円です。










染色体験


   染色体験は野乃色の工房にて行っております。
   基本的に予約制なので、電話をしてご予約ください。(注1)
   紅花、そらまめ、山野草、藍、くるみ、栗、野菊、マリーゴールドなどの染色が体験できます。(注2)
   費用は1,500円から3,000円程。
   ご希望によりバンダナ、絹のストール等、様々な染めものが体験できます。

   また、その日のうちに出来上がり、そのままお持ち帰りいただけます。


   注1:当日でも、不在でない場合は体験できますので、お電話にて確認してください。
   注2:紅花染は、用意がございますので3日前にはご連絡ください。






その時、その時の色。自然の生き物のやさしい色を感じてください。

営業時間 ・午前10時00分~午後5時00分
・不定休
電話番号 090-6226-3703
簡易マップ(クリックすると別窓で大きな画像が表示されます)

   HOME

Copyright © 蔵の観光案内所 All Rights Reserved.